忍者ブログ
お気に入りのものや経済情報を紹介
林田力:竹原信一「官僚互助会は犯罪者集団」
2011.12.13Tuesday
ネットメディアの真相JAPANは2011年11月27日、第五回勉強会「民主主義は存在しない(民主主義の欺瞞を暴く)」を池袋勤労福祉会館で開催された。竹原信一・前阿久根市長が国民を搾取する日本国の実態を告発した。

第一部は竹原氏の講演である。

国家は国民を守るものという意識があった。建設会社を営む中で、役所と折衝する機会があり、役所の対応から疑問を抱いた。役所が市民に非営利法人を作らせ、天下り先として乗っ取る。役所は住民を裏切ることを目標として活動しているようであった。役所の不正を告発するビラを配り続けたところ、市議会議員への立候補を誘われた。議員になりたいとは思わなかったが、選挙公報や街宣などの選挙運動で役所の不正を告発できることにメリットを感じた。

議会は機能していない。一時間で終わる会議もある。政治家は官僚に飼いならされ、政治家を続けることを目標にするようになる。役人の仕事は遅い。一週間でやる仕事を二日でやってはならない。公務員を増やすことが目的である。役人のための役人の政治である。地方自治は存在しない。細かいことを国で決まっている。役人は本当に自分達が何をやっているかも分かっていない。住民のために仕事をしておらず、批判されないようにカモフラージュする。「この国は国民のためにあるのではない」が私の結論である。

前近代では人殺しのうまい連中が国をとった。権力者が自分達を国民から守るために屋雇った存在が公務員である。日本は官僚互助会の私物になっている。犯罪であるかどうかは、私物の裁判所が決める。官僚互助会の兵隊が公務員である。メディアも官僚互助会の私物である。

政治家は当選したら突然政治家になるもので、役人からすれば素人、赤ちゃん状態である。役人の想定外のことをすれば、役人の子飼いの住民に抗議させる。政治は誰を代表に選んでも全然変わらない。ウォルフレンは日本を「うちひしがれた人々の国」と言っている。公務員は国民を叩けば出世する。国民のために働いた政治家は貶められる。

警察の裏金を告発した大河原宗平氏は、でっちあげ逮捕された。警察は間違いなく犯罪集団である。公務員はカラ残業をしないといじめられる。警察官も税金泥棒を止めると逮捕される。裁判官も起訴された人を有罪にしなければ出世できない。公務員は犯罪者の一員になるように仕組まれている。それによって秘密は守られている。マフィアである。それによって大企業と組んで経済戦争を仕掛けている。だから世界からは嫌われる。選挙で誰が選ばれても変わらない。役人を裏切らない政治家になる。

マスコミと一緒になって政治家を叩いてはいけない。議員は全体の仕事をしなければならない。住民は手をつながなければならない。公務員は身分である。彼らが敵である。政治家を育てる。政治家に経験させる。固定資産税を下げることは条例の変更で簡単にできる。権力者は議会、執行者は市長。住民のために働く政治家を育て、褒めなければならない。

阿久根市長時代に右翼から抗議を受けた。右翼の街宣内容は反対派と同じであった。右翼は「金もらったから来たに決まっとろう」と言っていた。警察に警備要請をしたところ、機動隊が来た。右翼の抗議活動は5時まで許可されていたが、4時半に帰ってしまった。すると何故か機動隊も帰ってしまった。大河原氏の総務課長就任後に右翼の街宣予告があった際は、「機動隊の警備が警察の裏金作りになる」という理由で大河原氏が警備要請を断った。すると機動隊は来なかった。右翼と警察はセットになっている。

日本は憲法がありながら、憲法を守ったことがない。憲法9条だけでなく、人権も守ったことがない。公務員は悪いことする競争をしている。犯罪集団を多額の税金を使って養っている。

ヨコミネ式教育を紹介する。世界各国から注目され、韓国でも始まっている。日本は子どものための教育ではない。ヨコミネ式では漢字の一から教える。平仮名の「あ」は難しい字である。落ちこぼれを作るための教育で、選別システムになっている。

公務員も地獄にはまっている。自分の子を塾に行かして、その子だけ勝ち残る社会では幸せになれない。皆が支え合う社会にしなければならない。議会で決めれば公務員の給与下げることは、すぐできる。

林田力は「世田谷区では市民派の保坂展人区長が当選したが、圧倒的な少数与党で公約通りに進んでいない面がある」として、アドバイスを求めた。これに対し、竹原氏は「議員を与党や野党と線引きせず、全ての議員を住民寄りにするようにするように働きかけるべき。議員には正義の味方になりたいという気持ちはある」と答えた。
http://www.hayariki.net/poli/japan111027.html
PR
COMMENT
NAME:
TITLE:
URL:

PASS:
TRACKBACK
この記事にトラックバックする:
HOME  31 30 29 28 27 26 25 24 23 22 21 
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22
24 25 26 27 28 29 30
最新CM
最新TB
バーコード
ブログ内検索
P R
忍者ブログ [PR]

Design by sky & Lenny