忍者ブログ
お気に入りのものや経済情報を紹介
[PR]
2017.04.29Saturday
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

東急電鉄の宮下町アパート再開発に批判
2012.05.31Thursday
東京急行電鉄(東急電鉄)らの都営住宅「宮下町アパート」跡地(東京都渋谷区)の再開発計画が批判されている。東急電鉄らは賃貸住宅とオフィス、商業施設からなる複合施設を建設する(「【開発】渋谷・宮下町アパート跡地に延べ床3万m2の複合ビル、東京急行電鉄など」日経不動産マーケット情報2012/04/09)。二子玉川ライズと同じように営利優先の無個性な再開発である。

東急電鉄らの提案は「児童会館へ向かう歩行者動線が細く、都有地間の連携には不十分」と審査段階から指摘されていた。宮下町アパートは渋谷駅に近いが、周辺にはアパートや学校も多く、大規模な商業施設がひしめく山手線の線路西側とは趣が異なる。二子玉川ライズのように周囲の環境を無視し、地域と調和しない開発になると懸念される。

東京都は「都市再生ステップアップ・プロジェクト(渋谷地区)」として、渋谷駅周辺の都有地3カ所(敷地面積は合計で約2.6ha)で民間による再開発を計画する。宮下町アパート跡地事業は第一弾となる。東京都は2012年3月に宮下町アパート跡地の再開発事業者として、東京急行電鉄を代表とする企業グループを選定した。児童会館跡地と青山病院跡地でも再開発を進める計画である。東急電鉄の住環境無視の開発が悪しき前例になる危険がある。
http://hayariki.net/1/36.htm
PR
COMMENT
NAME:
TITLE:
URL:

PASS:
HOME  56 55 54 53 52 51 50 49 48 47 46 
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新CM
最新TB
バーコード
ブログ内検索
P R
忍者ブログ [PR]

Design by sky & Lenny