忍者ブログ
お気に入りのものや経済情報を紹介
[PR]
2017.06.23Friday
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

悪徳不動産業者の見分け方
2011.11.01Tuesday

不動産屋は地域密着型を選びましょう
不動産屋は地域密着型を選ぼう。地域密着型とはオフィスのある地域の物件を中心とする業者である。反対に事務所から離れた場所の物件を扱う業者は要注意である。たとえば代々木に事務所がありながら、立川など都下の物件ばかりを扱う業者などには注意する。物件の問題点や注意事項が説明されない危険がある。
事務所と離れた場所の物件ばかりを扱う不動産屋では希望立地とは異なる物件を押し付けられる危険もある。また、事務所と物件が離れていると、内見も不便である。中には内見させずに契約を迫る業者も存在する。その種の不動産業界のゴキブリのような忌むべき業者は論外である。絶対に契約をしてはならない。

不動産屋は1階の店を選びましょう
雑居ビルに入居している不動産屋を選ぶ際は、1階にある店舗を選ぼう。ビル上階に入っている不動産屋は要注意である。不動産屋としては1階への入居が望ましく、現実に多くの業者が1階で営業している。不動産屋の壁はガラスになっていて、物件広告が貼られていることが多い。この広告は有効な集客手段である。それができないビル上階の不動産屋は、その分だけ同業者からも魅力に欠け、物件集めに不利である。これは消費者から見て好物件が少ないことになる。
消費者にとっては1階の店舗の方が入りやすい。地上げ屋や追い出し屋、ブローカーなど不動産業界に闇の部分があることは事実である。ビル上階の密室よりもガラス張りの1階の店舗の方が安心できる。
不動産屋がビル上階にあると内見に行くことも不便である。中には内見をさせない業者もいるが、その種の業者とは契約してはならない。どうしてもビル上階の不動産屋と契約しようとする場合、せめて不動産屋の名前や免許番号、代表者名を検索し、その不動産屋が過去に宅建業法違反で業務停止処分を受けていないか確認してからにしよう。
http://www.hayariki.net/zero.html

PR
COMMENT
NAME:
TITLE:
URL:

PASS:
TRACKBACK
この記事にトラックバックする:
HOME  13 12 11 10 9 8 7 6 5 4 3 
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新CM
最新TB
バーコード
ブログ内検索
P R
忍者ブログ [PR]

Design by sky & Lenny