忍者ブログ
お気に入りのものや経済情報を紹介
[PR]
2017.05.26Friday
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

吉野家と松屋
2011.10.16Sunday
吉野家と松屋は同業他社の関係にある。しかしそれぞれに特色があり、同じ土俵で戦っていないし、そのようにすることは得策ではない。それぞれの個性を発展させていくべきだろう。価格は吉野家の牛丼並が280円、松屋の牛飯並が290円。前者のほうが安いが、後者には味噌汁が付く。お茶が付くのは両方とも同じである。メニューは松屋の方が豊富である。

吉野家の客層は中高年従業員がほとんど。店内がくたびれたコートの中高年ばかりだと、その一員になりたくないという思いが働き、入り辛さがある。これに比べると松屋は若い女性もいて客層が広い。メニューが豊富であるのも客層の広さを踏まえてのことだろう。逆に松屋は中高年ブルーワーカー、ドライバー層の知名度は吉野家ほど高くない。

松屋は食券制であり、店員がお金を触らないため清潔でいい。吉野家では複数の店員がいる場合は、お金を受け取る人と調理する人を別にしているようだが、常にそうであるとは限らない。先に会計を済ませた方が食べ終わって店を出たい時に出られるのでいい。吉野家で混んでいる場合は待たされることがある。店にとっても先に金を貰っておけば食い逃げの心配はないから好都合である。

一方、食券制にもデメリットがある。多くの店舗では券売機が店の外に1台ある形態であり、複数人が店に入る場合は券売機の前で並ばなければならない。ファーストフードのために、寒い夜に店の外で並ばされるのはたまらないだろう。

加えて前払い食券制では追加注文が期待しにくい。松屋では追加注文も受けているが、もうお金を払っているため、あまり追加注文する気にならない。吉野家ではサラダ等がカウンターに設置してあり、客が手軽にとることができる。サラダの入っているケースのガラスが曇りがちであまり清潔そうに見えないので、私は敬遠しているが、サラダを食べる客は多い。吉野家が食券制を採らないのは、客層が比較的清潔さにうるさくない層であることを踏まえれば、合理的であると言える。
http://hayariki.net/news.htm
林田力 福笑いネット
http://hayariki.fukuwarai.net/
エンタメ
http://hayariki.v-kei.net/
 

PR
COMMENT
NAME:
TITLE:
URL:

PASS:
TRACKBACK
この記事にトラックバックする:
HOME  10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新CM
最新TB
バーコード
ブログ内検索
P R
忍者ブログ [PR]

Design by sky & Lenny